スタジオ

Studio

ファイブ・ワン・オール

5-ONE-ALL
スタジオレッスンを終え、十分にアップされた良質な時間帯を上手に使う エクササイズ。『ストライブ』というマシンで、初動で6回、中動で6回、終動 で6回。全18回で5カ所の筋肉を鍛えます。これまでのように負荷のかかり 方が一通りのマシンとは違い、最少のトレーニング回数で最大の効果を得る ことができます。これは相当、効きますよ。
チェストプレス
胸部の大きな筋肉を中心に、肩と腕にも負荷がかかります。胸の筋肉を十分に動員できるように胸を張り、肩は下げて行いましょう。
レッグエクステンション
膝の関節を動かすことで太ももの前部を鍛えます。大きな筋肉が集まる脚の筋肉を充実させれば代謝も上がり、太りにくい体質になります。
ロウイング
バーを引き寄せ、背中側の筋肉を鍛える種目。バーを引くときは腕だけではなく、左右の肩甲骨を寄せるように動かして、背中を使います。
レッグカール
ターゲットとなるお尻と太ももの裏側は、上手に使えない人が多い箇所。レッグカールで日常生活には無い刺激を与えてあげましょう。
ショルダープレス
肩と二の腕に効果のある種目。バーを真上に押し上げるには、上体を真っ直ぐに保つことが大切です。お腹にも力を入れましょう。